2007年01月02日

2007年はやっぱり円高?

2006年1月4日の記事
(今年は去年のようには行かないよ!)
より
> というわけで、今年は為替相場の恐ろしさを
> 知らない、にわか投資家が大損をする
> =今までの常識(トレンド)の通用しない
> 一年になりそうです。
> 気を引き締めて行きたいですね。

2006年はまさにトレンドや今までの常識が
通用しない年でした。
2006年5月にファンド筋が早々に敗北宣言をして
しまったため、リスクを取ってまで為替相場を
動かそうとする事があまり無く、極端に相場の
変動の少ない年になってしまいました。
変動相場制になって最ドル/円相場の変動が
少なかったそうですね。

その影響も多少はあるのでしょう。金利差が大変
注目され、日本円を売るだけで儲かるという時期が
比較的長い間続いていたように思えます。

そして、昨日2007年1月1日にEUにブルガリアと
ルーマニアが加盟したことでEUの経済規模が
米国を追い抜いてしまったそうです。
昨年末にはユーロ高の影響で通貨流通量も
ユーロがドルを追い抜いたという話も聞きました。

日本円はどんどん安くなる一方。世界からどんどん
存在感が消えていく日本は最終的には中国の一省と
して、あるいはアメリカの州として細々と生き延びる
しかなさそうですね。

そんな遠い先のことを考えても仕方がないので
今年の為替相場予想でもしてみます。

まず、昨年は円安だったので今年は円高になるのでは?
という予想。これは半分は当たりそうです。
というのも為替相場をチャートから判断すれば
行き過ぎたものは確かに元に戻るからです。

でもどうなんでしょう?誰もが「円高!」
と思っているときほど円高にならないですからね。

けっこう終わってみれば円安なのかもしれません。

続きを読む
posted by ハッピーオレンジ at 18:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替全般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。