2007年05月23日

241ポンド復活か?

満場一致で利上げしたことがわかり、
それまで売っていた人達があっさり買いに
転じたために強いポンド/円はあっさり241円に
なりました。

241円って語呂合わせで読んだら「強い円」
なんですけど実態は真逆なのも不思議ですよね。
ここは日本もインフレで無理矢理物価上昇とでも
ならなければ日本円が買われる理由がなさそうです。
様子見もそろそろ飽きてきました。大勝負できる
ポイント希望!です。
posted by ハッピーオレンジ at 20:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替全般

住友信託銀行ついに法人税払う

長くバブルの後遺症に苦しみ、何をするにも
手数料がかかる。税金は払わず国債ばかり
買って資金を貸してくれない。貸してきても
剥がしにやってくる。公的資金投入で自分だけ
のうのうと生き延び中小企業はつぶれ放題。
とさまざまな局面で国民の格好の批判の受け皿に
なっていた金融界に漸く、
スタートラインに建てる企業が現れました。

住友信託銀行です。

住友信託銀行が13年ぶり法人税納付へ、大手で初
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000013-yom-bus_all
リンクが切れていたらこちらへどうぞ

大々的に新聞で報道されていたのでおなじみ
だと思いますが。ついに法人税を480億円も
払える(国にとっても国民にとっても)立派な
企業に戻ったようです。
これで巨額の公的資金を投入した国(国民)も
少しは安心できるというものです。
後は株主じゃなくて利用者(顧客)に対しても
サービスが向上してくれれば最高なのですが・・・


ちなみに過去の記録をたどってみると・・・

平成14年度の最終損失: 729億6700万円
赤字だったのはこの平成14年度まででその後、

平成15年度の最終利益: 796億2900万円
平成16年度の最終利益: 968億6500万円
平成17年度の最終利益:1000億6900万円
平成18年度の最終利益:1038億2000万円

とものすごい利益を上げておきながら

平成14年度に支払うべき税額: 10億2800万円
平成15年度に支払うべき税額: 12億 100万円
平成16年度に支払うべき税額: 19億8100万円
平成17年度に支払うべき税額: 50億7400万円
平成18年度に支払うべき税額:598億3000万円
(注:上記の金額はいわゆる「法人税等」の額
なので、法人税以外の各種税金も含んだ額です。)

今年になるまでほとんど税金を納付して
いなかったことになります。
これじゃ税金を払いたくないがために
わざと赤字にしているどこかの企業と
同じですよね。

でも違う視点から見ると、よくよく考えたら
こんな13年もかかっても税金を払えないぐらい
利益の出ない危険な状態の企業が
公的資金投入でだけで良く持ち直したものです。
けっこう凄いことですよね。

人が経営している以上必ず再生させるという
信念(と財力)さえあればどんな酷い状況の
企業であっても建て直せるっていう例です。


自分もそろそろFXで起業計画本気で考えて
みようかと思います。
たとえ赤字を出しても損失の繰越が出来るのと
出来ないのでは、投資に対するリスクも
だいぶ変わったものになりますしね。
さすがに公的資金は注入してくれなさそう
ですが・・・


<参考>
住友信託銀行IR
http://www.sumitomotrust.co.jp/IR/company/index.html
posted by ハッピーオレンジ at 07:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告・税金

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。