2007年07月30日

サブプライム問題を考える

選挙も終わったのでサブプライム問題の話でも。

先週、サブプライム問題でドル安になると
言われていたものの、結局世界中からの
投資引き上げによるドル買い、円買いが進み
ある程度は先週予想した動きになった為替相場
でした。
正直ドル/円がもうちょっと踏ん張って
くれるかと思ったのですが、今朝118円ちょうどを
つけてしまいましたのでまだまだ円売りには
危険が多いと感じています。

多分、今朝の円叩き売り→買戻しの波に
乗れていればもっと強気なことが言えたので
しょうが、無理でしたね。見ているだけで
精一杯でした。

今後どうなるかなのですが、明け方一気に
ドル高、円高になったので、一息ついて
もしかしたらさらに値動きが変わるかもと
思っています。

それは、いよいよ本編。「ドル暴落」
(さすがに二回も予想は当たらないでしょうから
外れて欲しいな〜って気持ちで予想を書いています。)

理由はサブプライム問題から始まった
アメリカのバブル崩壊です。この処理を
誤るとかつての日本のバブル崩壊と同じ道を
たどってしまうと感じています。

サブプライムローンというのがアメリカの
低所得者層(といっても日本の低所得者よりは
円安が進んだ今ではリッチな気もしますが)
に対する住宅ローンと言うのは良くききます。
実際自分も最初サブプライム問題と聞いた時
にはそのことだと思っていました。

しかし、そこは金融の発達した超大国のこと
そんな単純な話ではなかったようで、この
サブプライムローンに関する権利(金利)を
売買する市場を(サブプライム・モーゲージ市場)
作り上げてしまったわけですね。
日本で世界初(?)の一般人がメインの外国為替市場
(マザーズマーケット(日本の主婦の市場))が
出来たのと同じような理屈です。

ただ、このサブプライムの市場、他の市場と
異なる点がいくつかありました。


続きを読む
posted by ハッピーオレンジ at 10:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと

メモ:サブプライム問題

<これまでの展開>

米国の景気好調(モノのバブル発生)



サブプライム・モーゲージ市場の活況
(規模が小さいのですぐに金融商品のバブル発生)



世界中からサブプライム・モーゲージ市場に参加したい
外国人殺到(米国にしか存在しないから)



あちこちから借金しても参加(レバレッジ利かせる)
円キャリートレードも盛ん



ますますサブプライム・モーゲージ市場の活況
(金融商品のバブルピーク、天井)



元々米国の住宅市場は去年からそろそろ
限界だと言われていた(「モノ」の危機懸念)



そこへ来て、
・サブプライムローン大手の経営不安
・格付け下方修正
・住宅市場の予想以上の悪化
(一方向に進み続ける相場なし)



サブプライム・モーゲージ市場参加者は
損切りしないと大赤字
(レバレッジ効かせているので何もしなければ
おけば損失無限大)



でも、市場が小さく、米国にしか存在しない
市場なので決済したくても決済できない。
(ストップ安の株のようなものです。)



損失の穴埋めとばかりに別の市場で利益確定。
損切り。
(他の市場(為替、株式、債券)も今までと逆方向へ)



直接サブプライム・モーゲージ市場に参加して
いない企業、他国にも実害!
・貸し渋り(信用収縮)
・投資からの撤退

現在はこの状況です。
今後、以下のような事態に突入すると思います。

<今後の展開>

シナリオ1:
何も対策が取れずサブプライム問題で世界恐慌へ
★危険度100%、実現度10%、最悪のシナリオ

シナリオ2:
株式市場など、他の市場からかき集めた資金で
なんとか危機を封じ込める
★危険度70%、実現度50%、単なる問題の先送り

シナリオ3:
何も対策が取れずサブプライム問題で米国不況へ
★危険度50%、実現度60%、余りよくない結末

シナリオ4:
モノ(住宅市場のファンダメンタルズ)の方の
下げ要因が無くなり持ち直す。
★危険度40%、実現度5%、時間はかかるが最善策

シナリオ5:
外国の各種市場は下げ要因が無くなり持ち直す。
米国とそれにつながる国(日本など)はしばらく調整突入
★危険度30%、実現度70%、これが一番ありそう

シナリオ6:
サブプライム・モーゲージ市場の改革で乗り切る
★危険度20%、実現度40%、一番困難だが米国なら
ありえる解決策

ちなみに、危険度は日本の投資家から見たリスク。
実現度はその可能性とかかる時間を掛け合わせた
ものです。
(あくまでハッピーオレンジの素人考えですが。)

* * * * * * * * * *

<特徴>
★サブプライム・モーゲージ市場の特徴
・米国にしか存在しない。
・規模が小さい。

★その他一般的な金融商品市場の特徴
・レバレッジを効かせられる。
・天井、底が必ずあるので一方向には
進み続けることは決して無い。
・金融はあくまでその元になるモノ
(ファンダメンタルズとか実態とか
言われるもの)があるので、
元になるモノの影響を大きく受ける。
posted by ハッピーオレンジ at 10:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと

損切りって本当に難しい

昨日の夜の選挙特番を見たら、
自民党惨敗。これは予想通りとは言え
それが現実になるといろいろなことを
考えてしまいます。

月曜日の株価はどうなるのだろう?
為替相場は?
米国のバブルはドコまではじけてしまうのか?
・・・などなど。

いろいろ考えてみたのですがやはりここは
素直にマーケットが開いてから見てみよう
と思い、今朝為替相場を眺めていました。

いきなり大きく窓を開けた後の穴埋めチャレンジ。
そして豪ドル/円など一部の通貨ペアだけは
無事に埋まったのですが、その後の利益(損失?)
確定の巻き返しにあい、結局先週末より
少し下げてのスタートになりました。

今回、たまりに溜まった含み益はかなり
その額を減らしてしまいました。
ポジション単位で見れば赤文字(含み損)も
ちらほら。でも今残っているポジションは
切ろうかどうかためらっています。

先週末に危険そうなポジションはある程度
損切り+利益確定したので残りのポジションは
しばらく耐え忍ぶかなあなんて甘い考えで
いるからです。損切りってやはり難しいですよね。
ばっさり切ってすっきり出来れば気分は楽なので
しょうけど・・・。

マーケットに投資した資金で作った含み損を
損切りして心機一転するのはとても大変なこと
です。ふう・・。

株式市場はどうなるのでしょうね。
安倍内閣がいつ退陣するかでだいぶ変わって
くるような気がします。
ぼろぼろになってしまった内閣を「損切り」するの
であれば出来るだけ早いほうが良いのですけど。
数字(投票結果)は正直です。ロスカットラインは
もう下回っているわけですから。


posted by ハッピーオレンジ at 08:52 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。