2010年09月27日

金貸しとカントリーリスク

カントリーリスクは海外だけでなく
国内にもあるんですね。

武富士が倒産(会社更生法適用)しました。
まだ武富士側の正式な発表は見て
いないですが、日経に載ってしまい
ましたのでほぼ確定ですね。

誤報だとしても日経一面では、
社会的に持たないでしょうし。

金貸しが金借りざるを得なくなり、
新規貸し出しも禁止され、さらに貸していた人からも(過払い)金返せ
なんて言われるようになったら
さすがに持ちません。今まで良く
持ってたなーという感じです。
銀行の下に収まってる同業他社は
大丈夫なんでしょうか?

今回の倒産の引き金を引いたのは
ご存知グレーゾーン金利です。

でも、国(裁判所)がグレーゾーンは合法と言えば
危機は免れたのかもしれませんね。

国の介入は産業の興廃を左右すると
いう典型的なカントリーリスクの例でした。

まあ、そんな大きな話でなくても
身近にタバコ増税やFXレバレッジ
規制なんかでかなり影響がある人は
多いかと思いますけどね。
posted by ハッピーオレンジ at 12:41 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。