2006年10月26日

単位偽装問題

教育基本法改正などと政府が言うと必ず
こういった教育現場の問題が話題に出てくるのが
面白いところです。なんで今まで隠していたんで
しょうか?そんなばれる嘘を・・・と外部に
いる人間は思ってしまうわけなのですが。

ニュースもタイミングを逃してしまうとこの国では
全く報道されなくなってしまいますからね。

高校生にとってはいい迷惑です。大人の都合で
卒業までに受験以外に余計な勉強しなければ
いけないわけですから。
自分だったらグレてるなきっと。

土日も授業なんて無茶言わないで、大検受けさせて
あげたほうがいいのではなんて思います。
その一方でそんな救済措置をとるという抜け道
許したらどの高校も世界史しか教えないとか
偏った教育をするようになったりしてしまいますし
頭の痛い問題ですね。

幸い今回の偽装事件は生命の危機に直面している
わけでは無いのが救いですが・・・
ってこれで卒業できない高校生が受験勉強できずに
自殺なんてことになったら誰か責任取れるのかなあ?
不安ですが。

<履修不足>10県65校、生徒数は1万2000人に

ただ、教育問題に関しては他のどんな問題よりも
かなり難しい問題だと思っています。

というのも、かつて自分が学生だったときにこの手の
教育について考えるというシンポジウムなんかに
出席していて嫌というほど、
「教育とはこうあるべき論」
がことごとく同じ意見の人がいないということを
思い知らされているわけで・・・。

何で、一人一人の理想の教育論がこんなにも
ばらばらなのかと突き詰めてみるとそこには、
「生活水準の相違」
「教育を受けた時期の相違」
「学校固有の問題の相違」
があるわけです。

・生活水準の相違
これ一番致命的ですよね
ある家庭の子は裕福で一流といわれる私立に通い
ある家庭の子は入学金が払えずに進学を断念。
こんな二つの家族の教育論が同じはずがありません。

・教育を受けた時期の相違
○○という科目が必修なんて話は教育を
受けた時期によって違います。
英語教育が重視されていた時期の元学生と
ゆとり教育を受けてきた元学生の教育論も
これまた大きく異なるわけで・・・

・学校固有の問題の相違
学級崩壊している教室。
麻薬売買が常態化している教室。()
かと思えば、
いい子達ばかりの教室だってあるはずです。

これらのクラスが、あるいはその保護者が
一箇所に集まって教育論を話し出したらと
思うとぞっとします。

そんな理由で教育論はまとまりがつかない。
で、今までほったらかしにされてきたわけです。
教育基本法改正なんて本当にできるのでしょうか?
一番触っちゃいけないところに首を突っ込もうと
しているような気がしてならないのですが。

※この記事はもうすぐ消えそうだったので下記に全文引用します。
(不都合があればコメント下さい。)


<岩手県議会>サスケ議員の「中学で公然と麻薬」発言で空転
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061020-00000040-mai-pol

(引用開始)
19日の岩手県議会決算特別委員会で、ザ・グレート・サスケ県議
(民主・県民会議)が保健福祉部への質疑で、盛岡市内の中学校で
公然と麻薬取引が行われているとの情報があると発言し、情報を
把握しているか同部にただした。他の県議から「不穏当な発言だ」
と批判の声があがり、紛糾。議事が3時間半にわたり空転した。
(引用終わり)
posted by ハッピーオレンジ at 07:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。