2007年04月24日

格付けと5月利上げ説

今日は余り動きがないようです。

なので為替からちょっと離れた話でも・・・

S&P社が日本の国債の格付け
(つまり日本そのものの強さ)を上方修正
しました。「格付けが上がった」ようです。

単なる(?)一民間企業の見解だったので
昨日の為替相場は思ったほど円高には
なりませんでした。ただ、今回凄い!
と思えたのは、日本国債に格付けが
なされるようになってから初めて
格付けが上がったということです。

まあ、それまでが悪すぎたと言えば
それまでですけどね。

とはいえ、格付けが上がっても金利が
上がらなければ直接的な影響は少ない
でしょう。上がったところでまだまだ
1%未満ですからね。

むしろ金利が1%になったところで景気に
悪影響を与えるほどもろい景気なら
不況になった方が将来的にはましかも
知れません。谷深ければなんとやらって
やつです。

更に言えば、日本の価値が上がったことで
日本の企業や社債も格が上がる可能性も
ありこちらのほうが効果が大きいのかな
と感じます。

さて、国債の格付けアップで次に気になる
のが金利の話。

最近5月利上げ説がささやかれています。
ポンド?確かにそうですが、日本の金利も
利上げ説があるみたいですよ。
国債の格付けが良くなったので、意外にも
日本の利上げもありえるのかなと
いう気もしてきました。

また「預け換え」を検討したほうが
良い時期が近づいているのかもしれません。
→過去記事:金利を10倍受け取る方法参照
posted by ハッピーオレンジ at 08:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。