2007年09月25日

サブプライムに安心感=要注意!

サブプライム問題の損失が22兆円なんて話が
出てきました。具体的な数字も出てきたことで、
いくら損が拡大するか誰にもわからないなどと
言われていたころよりはだいぶ落ち着きを
取り戻してきたような気がします。

細かいところを省いて値動きだけを簡単に
以前書いたメモでいうシナリオの
2番目(単なる問題の先送り)のような流れに
なっています。

だからこそ一番危険な時期に近づいているのかも?
と感じてしまいます。

最近のサブプライム問題関連で聞いた話といえば、
この22兆円の他には、
・日本の銀行株が下がり続けている
・ノーザンロック銀行の取り付け騒ぎ
・欧州銀行が日本円建てで大量の社債発行
・ドル/カナダドル1.0割れ(カナダドルがドルより強くなった)
・日本のサラ金の現状もサブプライム問題と酷似している。

このあたりですかね。もっとありそうな気も
しますけど・・・どれもこれも、
「まだ、何かあるに違いないから早めに手を打とう」
という恐怖からくる行動に見えてきます。

とはいえ、まだ株、為替の暴落には
向かってないようですけどね。
一度アメリカの失業率が・・・とか双子の赤字が・・・
なんて話が出た時に、相場をドル高に持っていって
やろうとか、ドル安にもっていってやろうとする
人たちが動き出してくるんじゃないかと思います。

ただ、
来年はアメリカ大統領選だから、意図的に
株価の変動率を意図的にあげて選挙費用を
集めているらしい。なんて話も聞こえてきました。
確かにオイルの価格が上がってはいるのですが、
歯止めが利かない・・・というような上がり方ではなく
意外におとなしいことを見ていると気になります。
結局、サブプライム問題なんてのは一般の投資家
レベルの人には思いもよらない結末が待っているん
じゃないかなという感もあるわけです。
posted by ハッピーオレンジ at 12:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。