2007年11月21日

FOMCで大荒れ

20日は朝から株式市場が大台割れ、
その後も下げ続けたのですが、
日本の大臣が
「株式市場は実態を反映してない」
といったおかげで株価急反発。口先介入大成功!

・・・と思っていたらどうやらそうではなく、
アメリカが臨時で利下げをするのでは?
という噂が飛び交っていたようです。
良くも悪くもFRB、FOMCが世界の通貨を
引っ張っています。投資家としては
その引っ張っているのが「足」ではないことを
祈るわけですが・・・

というわけで、今日一番の暴風が吹き荒れたのは
FOMCの中身が発表されたこの4時〜4時半の時間帯
でした。ドル/円は1時間で上下50銭、ポンド/円は
1円近く動いてしまいましたね。
今は5時も過ぎようやく落ち着きを取り戻しましたが、
皆さんは利益が出せましたでしょうか?
自分はうまい具合に波乗りすることができました♪

ポンド/円:6,000円(30pips×2本)
本当は10本とか100本とかどーんど行ってみたかったの
で、少し様子見もしようと思っていたら最初の
大波に乗ることができませんでした。残念。
まあ、始めの数分はスプレッドが開きすぎていたので
勝負しようが無かったわけですが・・・

昔は下がりまくるドル/円をぼーっと眺めること
ぐらいしかできなかったぐらいですから、利益を
あげられるようになっただけでも進歩したといえます。
もっと進歩すれば月イチでこの日だけ狙って
トレードしても100万円とか取れてしまうかも☆
というぐらいチャンスは多い動き方でした。
なんせ、上にも下にも動く動く。ドル/円でも一気に
2〜5銭ぐらい動いてしまうのは波に乗り間違えた
時は恐怖モノです。さっさと損切りしなければ
いけなくなります。

とここまで書いていてFOMCの中身はどうだったんだろう
と改めて気づきました。
で、じっくり見てみると・・・

・10月のFOMCでの利下げは際どい決定だった
・成長は今後数四半期に渡り、減速するであろう

酷すぎです・・・これじゃドルは弱くなってください
と言わんばかり。
それでも大きく円安方向にぶれるのは市場参加者が
ドルストレートだけでなく自分のように円で参加
している人もけっこういるからなのでしょうね・。
参加者の多い市場ならちゃんとこうやって動くのに
原油相場ときたら・・・

今日の収益:6,000円

おまけ。
過去のFOMCの時の行動
2007/3/22「FOMC発表時の乱高下の秘密。」
2006/12/13「出遅れデイトレーダー」
2006/8/8「休みの合間にカナダ暴走&FOMC」
2005/9/20「FOMC待ち」

posted by ハッピーオレンジ at 05:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替全般
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。