2007年11月21日

南総発見伝

先週末、ご先祖様である伏姫(ウソ、っていうか
これじゃ犬だ・・・)をたずねるべく、千葉県は南房総に
一泊してきました。
天気はすっきりとしたドン曇り。雨だけは降らないのは
今回の旅行の参加者の日ごろの行いが良いからでしょう。

しっかし便利になりましたね。南房総。
高速道路が全線開通したのが今年の夏。その後いつか
行こうと思って居るうちに仕事と原油高のせいで
ガソリンが上がってしまい、なかなか時間が取れな
かったのですが、ようやく秋という、
特に何も無いんじゃないかという時期にはなりましたが
ホテルの予約も取れ今回の旅と相成ったわけです。

別に何も無いというのは、春は花畑。夏は海水浴、
冬は避寒(って言葉あるんですかね)で来る
というのはあるのですが、秋はいまいち千葉県の
南の端っこまで行く理由が浮かばない。
ゴルファーやサーファーなら十分楽しめそうですけどね。

というわけで、ボジョレヌーヴォー解禁記念で
千葉に行ってみるっぺ(←千葉の方言?)と
いうことになりました。

養老渓谷
ダメダメでした。事前の調査不足です・・・

豪快な渓谷そして滝を想像していたので、
険しい渋滞する山道を登って漸くたどり着いたのが
これだったら行かなくても良かったなあと後悔です。

今週末は紅葉祭りをするそうで周辺はえらく混雑
するのではないかと思います。
ちなみにまだ紅葉はしていませんでした。
(途中立ち寄ったSAに紅葉の度合いが「青葉」と
書いてありました・・・)
ちなみに電車(小湊鉄道)で「養老渓谷」駅に降りても
そこに絶景がどーんとあるわけではなく、
とにかく歩きまくることになります。まだまだ
観光地化されて無い渓谷に行きたいという方以外に
はお勧めしません。
栗又の滝(養老の滝)はとてもなだらかな滝でした。
下の方から見たらきれいに見えるかも知れませんが、
今回はパス。

道の駅富楽里とみやま
おそらく全国でもここだけしか無いのでは?
と思えるSA(ハイウェイオアシス)と道の駅が
合体した不思議な施設です。
高速道路側から来ると2階に。一般道側から来ると
1階から入ることになります。
高速バスも出ているようで東京まで2時間かからない
のだとか。けっこうお客さん乗っていました。
道の駅自体も一階は地元南房総市の魚介類、
野菜、餅そして、観光土産が大充実しており、
混雑しています。
2階は食堂や軽食が取れるところが5店ぐらい。
こちらはSA風でありました。
ここの寿司はおいしそうだったのですが、
もっとお勧めはというと・・・

館山の回転しない回転寿司屋「やまと」
こちらです。
「やまと」という回転寿司屋ですが、
入ってすぐ右に「いけす」があり、
左側がカウンターです。回転寿司なのですが
ネタは殆ど回転していません。
というわけで基本は注文することになります。
そうすると当然作りたて、しめたての
新鮮な寿司が出てくるのですが、これがまた
ネタの大きいこと大きいこと。
個人的にはあなごの一本握りはお勧めですが
何を食べても回転寿司屋とは思えないほど
うまいです。
やはり漁港の近くには安くて新鮮な寿司屋が
たくさんありますね。

南房パラダイス
植物や動物、蝶を愛でて癒しを得られる場所です。
温室があるため年中きれいな花が咲いている
ようですが、その日えらく寒かった割には
温室の窓はオープン状態。まだまだたいした
寒さでは無いのでしょうね。きっと。

水鳥は近づいただけで餌をくれるものと思い
凄い勢いで集まってきます。
最近、この地域にやたらたくさんある道の駅
の一つになったようです。

他にも何箇所か訪れましたが、今日はこの辺で。
posted by ハッピーオレンジ at 06:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。