2008年03月08日

[その7]FXの確定申告マニュアル2007

よくよく考えたら今日これから書く、
修正申告は今書くべきじゃなかいのかもなあ
とちょっと反省してます。
今重要なのは今年の申告ですもんね。

とりあえず仕上げたのでいったんアップしま〜す。

(この記事は大元のこの記事に追加されます。
が、文章構成などは突如変わることも
ありますのでお気をつけてください・・・)

<お品書き>

★24-3.魔法の言葉補足
★25.過去の所得税が増える場合〜税務署様のご登場
★26.税金にかかる税金〜延滞税額について

* * * * * * * * * *

まずは前回の補足から・・・

★24-3.魔法の言葉補足

さて、訂正申告に使った
魔法の文章ですが、いつ提出したのか
分からない!なんて方もいると思います。

(郵送した方はそうですよね。
発送日が分かってもいつ受け付けたかは
(土日をはさむと)税務署さんの状況に
よって若干変わるかもしれません)

ましてや申告書提出時に控えを貰い忘れた人
や控えをどこかになくしちゃった人などは、
税額がいくらかなんて全く記憶にないことも
あるでしょう。

そんなときはどうすればよいの?
という方に朗報。

ようは、
「すでに1度(以上)確定申告書を提出している」
ことがわかればいいんです。
別にこう書かなければいけないと厳密
に決まっているわけではないですから。

極端な話、赤色のペンで「2回目の提出です」
とか分かりやすい言葉で確定申告書(訂正申告)に
書いておきましょう。

どうしてもなんて書けばいいかわからない。
なんて場合には一番いいのは税務署に
聞いてみることです。心配ならその手紙を
受け取る人に相談することが大事ですよ♪

* * * * * * * * * *

★25.過去の所得税が増える場合〜税務署様のご登場

さて、今回のAさんの場合は確定申告書の再提出だけで
済みました。というのも確定申告書の提出期限内だったから
なんですよね。
さあそれでは提出期限を過ぎてしまった場合は
どうしたもんでしょう?
その時は「修正申告」又は「更正の請求」という手段が
あります。

・修正申告
 確定申告書の提出期限がきている所得税が
       増える場合に行える。
・更正の請求
  確定申告書の提出期限がきている所得税が
       減る場合に行う。

修正申告は少し手間がかかります。。

まず、必要なものこちらになります・・・

所得税の修正申告書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/08.pdf
これに、「修正前」の確定申告の内容を
書き写します。
さらに、通常の確定申告書にはない、
「修正申告によって異動した事項」
も書くことになります。
理由を書かなければいけません。

次に、

確定申告書Bの第一表
(くりっく365などの分離課税の所得が
ある時は第3表も!)
に「修正後」の確定申告の内容を書くわけです。
(一部省略可。詳しくは上記リンク先の書き方参照)

あ、修正に○印をつけることと、
確定申告書の余白に「修正」と書くことをお忘れなく。
それと、第二表はいりません。

さあ記入しましたか?そうしたら税務署に
行って受け付けてもらいましょう。

なんか2つも申告書を作らされたような
気分になりますが、確定申告のように
2月か3月しか受け付けないとかそういった縛りが
ないのはよいですよね。

でも何でこんなにあっけないのか?
そりゃあ、あっち(税務署)はお客さん(納税者)が
払う税金が増えれば得しますしね。

というわけで、嫌でしょうが、税務署に行って
相談してみてください。超親切な対応を
してくれると思います。

(もし黙っていて後で税務署に指摘される
→高額の罰金よりずっとマシですので・・・
必ず税金が増える疑いがあえば修正申告
しましょう。)

* * * * * * * * * *

★26.税金にかかる税金〜延滞税額について

ところで、税務署はこのように後から税額が
増えることに対し容赦しません。

なんと新たに払わなきゃいけない所得税
に対し延滞税という税金をかけてきます。
これもガソリン税にかかる消費税と同じで
税金に対する税金ですよね。
(厳密には法律上は単なる利息と考えられて
いるようです。)

その税率は

増えた税額 × 7.3% × 申告期限を過ぎた日数 ÷ 365日

です。年利7.3%の日割り計算なんですね。
7.3%のところは、計算しやすいように
法律で決めた率で、(365の1/5ということで
小数点以下の数字が出にくい)
合理的ではあるのですが、
現在の超低金利の日本では高率、
大げさに言えば高利の金貸しみたいなものです。

そこで、実際には少しこの率を割引セールして、

増えた税額 × (去年の11月30日の公定歩合+4%) 
 × 申告期限を過ぎた日数 ÷ 365日


の式を使っています。
(最新の「公定歩合」はこちら)
うるう年の場合は365日のところ
どうなるんでしょうね。と思っていたら、
どうやら特例があるようで、

「365日以降はずっと365日で計算」

ということらしいです。
延滞税は一年分以上はつかないようですね。

* * * * * * * * * *

更正の請求についてはとりあえず
次回は飛ばすかも・・・

本当は減価償却費の計算についても
書きたいのですが、時間的に今年の確定申告には
間に合いそうも無いしなあ。

とそんな感じでございます。それではまた次回!

posted by ハッピーオレンジ at 12:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告・税金
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。