2008年03月13日

サブプライムのちり紙交換

明らかに返せそうに無い人にお金を貸して、
景気が悪くなって返せない人が続出したら
貸したところがつぶれていたのが今までの
世界経済におけるルールでした。

しかし、サブプライムは、
「貸したところだけつぶれるのは気の毒だ。
責任(リスク)は小さく分ければつぶれること
は無いんじゃない?」
という提案に欧米を中心とした金融機関が
のり、それが新しいルールになったことから
始まったわけです。

それはやがて、金融機関も少しでも
小リスク&ハイリターンになるものばかり
集めるというごみ拾い屋さんになってしまい、

ゴールドマンサックス辺りがそろそろ
ゴミ回収するのやめて焼却しようと思ったら
アメリカだけでなくいつの間にか世界経済全体
がおかしくなって、
せっかくの小さなリスクも積もれば大きな山
になってしまい最終処分場を探すしか
無い状況になっているんですね。

以上が簡単にまとめたサブプライム問題
ですが、例えにもあるように、ごみ拾い屋さんの
仕事はうまくできたのに、ごみの最終処分場が
まだ決まっていないのが大きな問題です。

先日の欧米の中央銀行が共同で資金供給
(どうやら代わりに債券を渡すらしいです)
することになりましたが、

これも、例えるなら、
サブプライムごみではなく「紙切れ」
と考えた中央銀行がちり紙交換を初めて
回収したちり紙に応じてトイレットペーパーを
くれるようになったというところでしょうか。

日銀はトップが誰になるか分からないからなのか、
日本国の債券ではちり紙交換する価値も無いと
思われたのか見事にスルーされましたよね・・・

* * * * * * * * * *

さて、日本にもサブプライム問題が起きています。
といっても本家のものよりはるかにお粗末
なんですけどね。

それは、石原知事の作った慎銀行東京
・・・じゃなかった新銀行東京です。

こちらの銀行もサブプライムな中小企業に
じゃんじゃん貸し付けたローンが焦げ付いて、
大赤字なんですよね。非常にサブプライム問題に
似ています。
ただ、新銀行東京の場合は、本家とは違い
もともとそうなることを想定して作った銀行だった
のでは無いかと思えるほどお粗末なものでした。

とはいえ、石原都知事が在任中にそれが
発覚したのがせめてもの救いですよね。
もし、前回の選挙で落ちていたら、
「もう今は知事じゃないから」
と絶対逃げていたと思います。
今でも本当の数字(赤字額や含み損とか焦げ付き
とか言われるもの)は公開しないところも
本家のサブプライム問題と同様気になります。

本家の解決にはまだまだ時間がかかりそう
ですが(正確に言うと、サブプライム問題事態
には対応できるようになったけど、サブプライム
のせいでバブルがはじけて世界恐慌一歩手前
の状態をどうにかしないといけないわけです。)
どうやら、結局は資金注入しか解決策は無い
みたいです。新銀行東京も大規模な資金投入か・・・

都民からの税金をそんなところに使わないで
さっさとつぶして、400億円で政府系ファンド
「新基金東京」でも作った方がいいのでは
と心配になりました。

まあ、もし新基金東京を作ったとしても
リスクをとることができないトップが役人では
駄目でしょうけどね。


posted by ハッピーオレンジ at 01:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑多なこと
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

世界一?分かりやすいサブプライム劇場
Excerpt: サブプライム問題をいちばん簡潔に分かりやすく解説しているといわれるw 米国のアニメの翻訳です。かなり適当&意訳してますので、ご注意...
Weblog: 鷹くん鳩ちゃんの金融市場よもやま話
Tracked: 2008-03-30 17:51

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。