2008年06月08日

投資すればするほど税金が安くなる?

・・・といっても投資して大損する→所得が
減って払う税金が減るという話では
もちろんありません。

そもそも普通のFX(取引所外為替証拠金取引)は
損しても個人レベルでの救済措置は殆ど
ありませんし。

* * * * * * * * * *

今まで余り使えなかったエンジェル税制が
改善され利用されるようになった
(・・っていうかなるべきだ。なれ!投資家よ!)
というような記事が日本経済新聞に載っていました。

エンジェル税制活用加速 ベンチャー出資、個人の税負担軽く
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080604AT3S0301K03062008.html
(Web記事が短く、ほぼタイトルそのままのため
今回は引用&魚拓しません)

今までの制度がいまいちでしたね。
利用された取引の額(税額じゃなくて)が
1年たったので13億・・・。
国民一人当たりわずか10円ちょい。
赤かったり緑色だったり羽に寄付する時の
レベルです。いや、それ以下か。

ってことは優遇される税金は・・・
一人当たり1円にもならないでしょう。
これは使えん。
全くもって無意味な制度でした。

というわけで、この「株の売却益のある人
ぐらいしか使えなかったエンジェル税制」
がパワーアップして、
「その人のどんな所得からも控除できる寄付金控除」
になったわけです。

つまり株取引なんて殆どしない普通の
サラリーマンや主婦でも、ベンチャーへの投資が
寄付感覚でできるようになるんですよね。
これはすごいです。ふるさと納税なんかよりは
よっぽどイイかもしれません。

(注:別にふるさと納税制度自体は否定しません。
 取り扱う金額が巨額すぎてまともに消化できない
 国なんかより自分のごひいきの地方に寄付した
 方がよっぽどよい使い方してくれますしね。)


さすがに投資(寄付)した分だけ必ず税金が
安くなるわけではありませんが、総所得の4割又は
1,000万円の少ない方の金額まで
毎年ベンチャー投資が楽しめるというわけです。

人口がどんどん減ってきているこの国で税金を
払ってくれる人を増やすためにも、納税できるほど
利益を上げられる法律上の人である「法人」を
もっと増やさなくては、という政府の考えも
あるんでしょう。

* * * * * * * * * *

投資者への税金の優遇はかなり増えてきています。
ですが、単なる労働者に対する税金はきつく
なるばかりのところと、少子化対策ももう少し
ナントカした方がいいとは思うんですけどね・・・。

記事では詳しく書いてありませんが、

個人がベンチャー企業に直接投資するのは危険も
多いんですよね。
(運良く得をした人談:<参照>高利貸しの天使)

でも、ベンチャー企業を組み込んだファンドを作って、
そのファンドを丸ごと寄付金控除の対象にして
しまうってのはかなりいいやり方ではあります。
(駄目になった時にはなんとな〜く、サブプライム
の時のように全部がジャンク扱いになってしまう
という危険性もありますけどね)

だからこそ気になるのは所得税の高いお金持ちが
「寄付」を政党にしなくなってしまうのでは?
というところ。見返りが期待できない政党への寄付
より見返りも期待できるエンジェル寄付金のほうが
いいですし。

確か、政党への寄付金の寄付金控除って
「企業からの献金を減らし、個人からの政党への
寄付で政党の運営費をまかなう」のが理由だったって
言っていた様な???
大丈夫なんでしょうかね?

あ、でも自民党みたいに企業献金が多いところは
何も困らないわけか・・そうするとあえて
「ベンチャー支援控除」なんたのを作らずに
「寄付金控除」に含めたのは意外に良くできて
いるのかもなんて官僚の方々の作文に感心した
次第です。

このエンジェル寄付が一般化すれば、
不動産ファンドみたいに東証に上場する
「ベンチャー企業への投資ファンド」なんて
いう上場しているんだかしていないんだか良く
分からない企業の名前が入った銘柄が
でてくることもありそうです。

* * * * * * * * * * 

もし、この制度を利用しようとする方へ
一つだけ注意・・・
おそらくこの優遇措置は期間限定でしょう。
まあ「暫定の」法律ですから当分延長して
続くとは思いますが・・・
posted by ハッピーオレンジ at 12:16 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 確定申告・税金
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

◆ふるさと納税/納税者自ら使途を指定して寄付すれば、住民参加の典型になる
Excerpt:  山県市議会は昨日6月10日開会、一般質問の通告期限は昨日11日正午だった。  私は、ふるさと納税について3月に速やかに取り組むよう一般質問した。  ちゃんとやりますから6月にもう一回質問して、といっ..
Weblog: てらまち・ねっと
Tracked: 2008-06-21 15:20

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。